2019年01月05日

住宅の消費税10% あせる!? あせらない!?

消費税.jpg
2019年10月から、消費税が今の8%から10%になります。

色々な物が高くなりますが、その中でも住宅は高額の為、支払う消費税も多くなります。

仮に、家づくりにかかる費用が、1,720万円だとすると(私たちの平均価格帯です)
消費税8%なら、消費税額が137万円。
消費税10%なら、消費税額が172万円
ある1日を境にして、建物は全く同じものを建てたとしても、消費税が2%上がると、35万円も多く支払わなければならなくなります。

もし、あなたが、大手ハウスメーカーで住宅を建築したいと考えているなら、その金額はもっと大きくなります。
私たちと同じ家が、ハウスメーカーでは、2400万円ほどするでしょうから(大手ハウスメーカーの平均価格帯です)
消費税8%なら、消費税額が192万円
消費税10%なら、消費税額が240万円
消費税が2%上がれば、48万円も多く、支払わなければならなくなるのです。

今までなら支払わなくてもよかった費用が、必要になってきます。

そこで、家づくりを考えていた消費者は、消費税が8%のうちに家づくりをしたいと考え、急いで住宅会社と契約するという方が多くなります。

いわゆる「駆け込み需要」です。

実は、消費税が1989年4月に3%が導入され、1997年4月に消費税が5%になり、2014年4月に消費税が8%に増税されていますが、その度に駆け込み需要が発生しています。

「駆け込み需要」が発生すると、住宅業界にどのような問題が起こり、消費者にどんな迷惑がかかるのか、具体的な問題を4つお伝えします。



4つの問題


問題1 住宅会社が契約を焦らす。
問題2 契約の集中と激減
問題3 職人不足
問題4 資材不足



問題1 住宅会社が契約を焦らす。
今の時期ですと、住宅会社の中には、「消費税が上がるから」といって、3月までに契約をするようにと、キャンペーン等であなたを焦らせる住宅会社が多く出てくると予想されます。
消費者がゆっくり考える時間がなく、住宅会社主導の家づくりになり、完成後の満足感が低い家づくりになった話も今までの経験から多くありました。

問題2 契約の集中と激減
消費税引き上げ前の駆け込み需要と、引き上げ後の反動減によって生じた極端な受注の増減です。
注文住宅については、駆け込み需要が生じ、営業マンや現場監督が対応しきれず「打合せ不足」と「現場監理不足」による顧客とのトラブルが多く発生しました。

問題3 職人不足
駆け込み需要によって工事が集中し、工事を進めるために住宅会社同士で職人の奪い合いが発生しました。
いつも依頼している職人さんだけでは工事ができず、別の職人さんを応援で頼んではみたものの、多くの工事ミスで施工不良が発生し、消費者に多大な迷惑をお掛けした話もよく聞きました。

問題4 資材不足
資材不足も工事が集中したために生じています。
不足した品目としては、木材や設備機器など製品の出荷が遅れたことで、引渡し予定日より工事が遅れてしまう住宅も多くありました。


このように「駆け込み需要」では、多くの問題が起こっています。

何故、このような問題が起こるかと言うと、住宅会社がキャンペーン等で消費者を煽って契約数を増やし、キャパシティーを超えた工事量が発生したため、「消費者とのトラブル」「施工不良」「工期の遅れ」と消費者に迷惑をかける問題が、消費税増税のたびに繰り返し起こっているのです。

特に、契約棟数や年間の売り上げを重視している住宅会社ほど、その傾向が強くなります。



時間がないけど絶対に急がない事!



今回、2019年3月31日までに住宅会社と請負契約をすれば、引渡しが2019年9月30日を過ぎても消費税が8%のままになります。

もしくは、4月以降の契約でも2019年9月30日までに引渡しができれば、消費税は8%のままです。

家づくりの時間などを考えると、あなたが、住宅を建築するために住宅会社を決定するのは、今年の3月31日までに、請負契約をするか、9月30日までに引渡しを受けなければなりません。

2019年3月までの請負契約ですと、残り3ヶ月。
2019年9月までの引渡しですと、残り9か月。

そう考えると、少し焦るかもしれません。

しかし、家づくりには、時間が必要です。

車のように、完成品を購入する訳ではないからです。

一般的な工事期間は、請負契約をしてから4ヶ月から5ヶ月くらい経たないと、引き渡し(家が完成し住めるようになる事)することが出来ません。

マイペースで余裕をもってスタートし、じっくり検討すれば良いのですが、まだ大丈夫だろうと、ギリギリまで、重い腰をあげずに遅いスタートでは焦りを生みます。

そのような事にならないように、焦らず、せかされず、じっくりと余裕をもってスタートするように行動していただきたいと思います。


羽田建設では、自社施工で建てる住宅を、社長の目の届く範囲、社長が責任を取れる形の年間15棟と決めて経営をしています。
その為、自社のキャパシティー以上の契約はしませんし、職人さん達は長く一緒に仕事をしてきた仲間であり、資材に関しても年間を通して契約をしていますので、職人不足・資材不足などで、お客様にご迷惑をお掛けした事は一度もありません。
また、お客様に消費増税に関係する税金などの情報を正確にお伝えして、お客様が増税前でも増税後でも損をしないように対応しています。


今回、最新の情報として、平成30年12月21日に国土交通省から発表された、消費税10%に引き上げした後、拡充される住宅ローン減税や住まい給付金と、次世代住宅エコポイントが復活する資料も併せて添付いたしますので、ご参考にして下さい。
↓ ↓ ↓
消費税引き上げに伴う住宅取得支援策.pdf


一生に一度あるかないかの家づくりです。

金利動向も含めて、いろんな意味で焦らない場合が良い時もあります。
是非、総合的に考えて、本当に建てたいタイミングを見極めて家づくりをしてほしいと思います。



追伸
しかし、拡充される住宅ローン減税や住まい給付金と、次世代住宅エコポイントには、それぞれ申し込み期限があります。

@住宅ローン減税:2020年12月末までに入居。
A住まい給付金:2021年12月末までに入居。
B次世代住宅エコポイント:2020年3月末までに契約

それぞれに申し込み期限ありますので、ぜひ、これを機会に、家づくりのスケジュールを確認していただければと思います。

消費増税に惑わされる事無く、気持ちに余裕を持ってスタートをされたい方は、一級建築士の羽田博人が、あなたの質問、疑問、悩みの全てを、じっくりとお聴きし、あなたの家族オリジナルの、ぴったりな解決策をご提供します。



注文住宅専門 岐阜市の三ツ星工務店
羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 09:47| 10 知ると得する、お役立ち情

2019年01月01日

初詣!

初詣.jpg
新年、開けましておめでとうございます。
今年も、宜しくお願い致します。

皆さん、1月1日はどのように過ごされていますか?
うちの1月1日の過ごし方は、いつも同じなんですが、家族で午後から金神社(金の鳥居がパワースポット)に初詣とお墓参り。
その後、父母の家に身内が30人位集まり夜遅くまで楽しんでいます。

今では玄孫もいて、時間の流れを感じています。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 17:00| 社長の日記

2018年12月23日

【1月イベント案内】 注文住宅のモヤモヤをスッキリ解決!土地探し・家づくり・間取りづくり

初めての家づくり。
まずは、基本的な知識を身に付けたいあなたに、
テーマ別の家づくりのイベントの案内をお知らせします。

目的に合わせて、お気軽にご参加して下さい。
複数のイベントに参加をすると、家づくりのイメージが膨らみます。



【見学会】1月19日(土)20日(日)と26日(土)27日(日)
住宅地に建つ、坪単価43万円の現実的な家の見学会を開催
 

他のモデルハウスであるような、後ろに営業マンがついて次々と説明されることもなく、
各部屋に資料等も十分に提示して、
自由な見学スタイルで家のイメージづくりには最適な状態で見学していただけます。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
HP:http://www.hadanoie.jp/preview/



【土地セミナー】1月26日(土)
あなたに合った、土地探しのポイントが1時間で分かるセミナーを開催。


何をすればいいのか分からない方には、
土地探しのコツや土地の価格、不動産屋さんとの付き合い方、
土地を購入するポイントが1時間で明確に分かるセミナーです。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_02



【家セミナー】1月27日(日)
震度7クラスの大地震が繰り返しきても、倒壊しない新築住宅の基準を、伝えるセミナーを開催。


多くの住宅会社の見学会へ積極的に参加しても、その度にアピールする内容や言う事が違い、
情報がありすぎて何を基準にすべきか混乱しているのであれば、
家づくりで大切なポイントが身に付きます。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_01



【間取りセミナー】1月27日(日)に同時開催で、
今人気の新築の間取り!収納・動線・デザインが学べるセミナーを開催


知識がなく、どんな間取りが良いのか見当がつかず悩んでいても、
実際に建てられたお施主様の事例を見たり、
建築士からお施主様への提案内容も参考にしてもらえるので、
今後の間取りづくりの参考になります。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_03


色々なイベントに参加をして、自分にあった情報を探してみましょう。



注文住宅専門 岐阜市の三ツ星工務店
羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:00| イベント案内

2018年12月09日

祝上棟 N様邸(池田町)

池田町 上棟.jpg
今年の2月から打ち合わせを始めたN様邸も、本日上棟を迎える事ができました。

N様が弊社にご依頼をいただいたきっかけは、最初ハウジングセンターなどを色々と見て回られていたそうですが、羽田さんのところなら自分達のペースで家づくりができそうだと思わたことと、5年位前にお兄さんの自宅を新築させていただいたのですが、工事中の現場を見たり、お兄さんからマイナスの話を聞かなかったので信頼できそうだと思いご依頼をいただけたという事でした。

弊社の打合せや工事を見てからご依頼いただけたことは、私も「お客様から認められた」という気持ちで大変嬉く感じています。

今後もより良い仕事を通して、全社一丸で家づくりに邁進していこうと思います。


本日は、N様とご家族の皆様、上棟おめでとうございます。



注文住宅専門 岐阜市の三ツ星工務店
羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 17:00| N様邸(池田町)

2018年12月03日

いい家を建てるとメンテナンス費も安い!

623336.jpg
「30年間で400万円以上もメンテナンス費に差がでます」と言われたら、あなたはどう思いますか?

実は、建てた後のメンテナンス費を気にせずに家づくりをすると、住み始めてから家計の負担に大きな違いが有る事をご存知ですか。

例えば車を購入した場合で考えてみます。
車は、ガソリンやタイヤなどの消耗品の交換や定期的な車検が必要で、購入した後も維持費が必要になります。

車の維持費と同じように、住宅も建てた後もメンテナンス費が必要なのです。
建てた時のキレイな状態がずっと続きはしません。

私もお客様からのご相談で感じるのは、住宅の建築費を気にされる方は多いのですが、建てた後のメンテナンス費まで気にされる方は、まだまだ少ないと感じています。


ここでは分かりやすくする為に、住宅の費用を大きく2つに分けます。

1つ目は、住宅を建築する時に、建物に必要な費用で、多くの方がもっとも気にする費用です。

2つ目は、住宅を建築した後に必要な費用で、光熱費や老朽化に伴うメンテナンス費となり、何十年後かには必要になります。

そこで今回は、2つ目の住宅を建築した後の費用であるメンテナンスコストを、400万円以上削減できる家づくりのポイントをお伝えします。



メンテナンスの回数が少なくすむ材料を選ぶ


まず、メンテナンス費を少なくするためには、できるだけメンテナンスの回数が少なくてすむ材料を選ぶ事が重要です。

メンテナンス回数が多く、費用が多くかかるのは、常に太陽光や風雨にさらされる屋根や外壁になりますので、住宅の屋根と外壁を例に説明します。
一般住宅の外壁で、全体の70%のシェアと最も多く使われている材料が、サイディングになります。
サイディング.jpg
一般的なサイディングの塗装は、10年位で再塗装の必要があります。


また、サイディングとサイディングのつなぎ目をシーリング(一般的にはコーキングとも呼ばれています)という充填剤を使用して工事します。
外壁目地 シーリング コーキング.jpg
このシーリングの耐用年数も5〜10年位で、再充填の工事の必要があります。

屋根の場合、ガルバリウム鋼板が今は人気がありますが、メンテナンスフリーだと勘違いされている方も多くいます。
あくまでも、劣化がしにくいといったことだけで、耐用年数は20年位で再塗装の必要があります。
ここまでの説明でも分かるように、何も知らずに家づくりをすると、10年ごとに外壁のメンテナンス費が必要になってくる事はお分かりいただけたでしょうか。

それでは次に、屋根や外壁のメンテナンス回数が少なく、メンテナンス費が安くなる材料はどんな材料かお伝えします。



外壁は光セラサイディングと高耐候シーリング、屋根は陶器瓦でメンテナンス費を最小限に


外壁に使用して欲しいサイディングが、光触媒を使用した光セラサイディングです。
光セラサイディングは、KMEW(ケイミュー)から販売されており、KMEWの社内促進耐候試験(サンシャインウェザーメータ―試験)の結果によると、一般的なサイディングに比べて3倍長持ちする試験結果が出ています。

次に、シーリングで使用して欲しいのが、高耐候シーリングです。
こちらは、色々なメーカーから出ているのでネットで調べることができますが、弊社で使用しているサンライズのSRシールH100の場合、サンライズの社内促進耐候試験(サンシャインウェザーメータ―試験)の結果によると、一般的なシーリングに比べて2〜3倍長持ちする試験結果が出ています。

それでは、屋根はどうでしょうか。
陶器瓦を屋根材に使用すれば、瓦の耐用年数は60年以上とされ、屋根材としては最高レベルの耐久性を供えています。

どんな素材を使用しても、いずれはメンテナンスの時期がくるため、メンテナンスフリーといった考え方は持たないほうが安全だと思います。
建物の材料は何であっても、劣化が起こり永久にキレイな状態を保ち続けることは難しいのです。
しかし、住宅の材料を選ぶときに材料の耐用年数を確認したうえで、再塗装とシーリングの回数が減る材料を選べば、メンテナンス費を安く抑えることができます。



30年後のメンテナンス費の違いは


最後に、一般的な住宅に使われているサイディングやシーリングとガルバニウム鋼板の屋根の住宅を建てた場合と、光セラサイディングや高耐候シーリングと陶器瓦の住宅を建てた場合、30年後のメンテナンス費にどれくらい差が出るのか比較をしてみましょう。


一般住宅の30年間のメンテナンス費。
10年目 外壁塗装とシーリング工事で120万円
20年目 屋根・外壁塗装とシーリング工事と200万円
30年目 外壁塗装とシーリング工事で120万円
一般住宅の場合、30年間のメンテナンス費が440万円必要になります。


光セラサイディング・高耐候コーキング・陶器瓦を使用した住宅のメンテナンス費。
10年目 0円
20年目 部分的なシーリングの補修があれば10万円
30年目 シーリング工事で30万円と外壁塗装は住宅の状況を確認して総合的な判断をするので30万円
光セラサイディング・高耐候コーキング・陶器瓦を使用した住宅のメンテナンス費は、30年間で40万円です。


なんと、30年間のメンテナンス費の差額は約400万円になります。

今後、材料費や人件費の値上がりを考慮すると、この差はもっと大きくなると思います。
このように、大きな費用の負担が発生しない材料を使用すれば、メンテナンス費を抑えられる家づくりができます。
いずれ、メンテナンスをしなければならない時が来るのですから、できるだけメンテナンスがしやすく、そしてメンテナンス費が安くすむポイントを知っていれば、余計なメンテナンス費もかからず、長く快適に暮らしていけるのではないでしょうか。


注文住宅専門 岐阜市の三ツ星工務店
羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:00| 10 知ると得する、お役立ち情

2018年11月30日

満足する間取りの事例 【南玄関 延床面積:50.09坪 本体価格:1,952万円(消費税別)】

住宅会社の中には、「自由設計」と謳いながら、実際は「プラン集」とほとんど変わらない間取りを、自由設計と言って、提案する住宅会社は多くあります。

弊社では、お客様の要望に応じて、詳細な打ち合わせを行い、0からプランニングする完全オリジナルの間取りを設計します。

今回は、事前アンケートと、お客様とのヒアリングから、弊社でご提案した間取りの事例をご紹介いたします。



☆今回ご紹介する、満足する間取りの事例 【南玄関 延床面積:50.09坪 本体価格:1,952万円(消費税別)】

間取り図
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
平面図.JPG


外観パース
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
外観パース.JPG


1:過去に掲載した、満足する間取りの事例をご確認されたい場合は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://hadablog.sblo.jp/category/4357358-1.html


2:その他に、住宅購入に必要な経費のすべてをまとめておきました。家づくり全体の予算を正しく把握できるようにご活用ください。
住宅購入に必要な経費の詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/faq34.html


3:羽田建設の家は、住宅性能評価6項目で最高等級の性能をクリア。
性能についての詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/seinou.html


4:弊社のプランづくりの具体的な流れは、下記アドレスからご確認下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/consult/


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 11:04|  ○45坪以上

2018年11月25日

祝!地鎮祭 K様邸(関市)

地鎮祭.jpg
関市で、K様邸の地鎮祭をとりおこないました。

K様とは、約1年前から打ち合わせを始めさせていただき、土地についての色々な難しい法律の問題を、1つ1つクリアに対応し、今日の地鎮祭を迎えることができました。
K様にも、ご協力をいただき有難うございました。

今後の工事につきましても、協力会社も含めた全社一丸となってK様の家づくりに取り組んでまいりますので、どうかご安心をして下さい。

本日は、K様とご家族の皆様、おめでとうございました。


(地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されております。:ウィキぺディア)


注文住宅専門 岐阜市の三ツ星工務店
羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 00:00| K様邸(関市)

2018年11月23日

【12月イベント案内】 注文住宅のモヤモヤをスッキリ解決!土地探し・家づくり・間取りづくり

セミナー.jpg
初めての家づくり。
まずは、基本的な知識を身に付けたいあなたに、
テーマ別の家づくりのイベントの案内をお知らせします。

目的に合わせて、お気軽にご参加して下さい。
複数のイベントに参加をすると、家づくりのイメージが膨らみます。



【見学会】12月1日(土)と2日(日)に、住宅地に建つ、
坪単価43万円の現実的な家の見学会を開催
 

他のモデルハウスであるような、後ろに営業マンがついて次々と説明されることもなく、
各部屋に資料等も十分に提示して、
自由な見学スタイルで家のイメージづくりには最適な状態で見学していただけます。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
HP:http://www.hadanoie.jp/preview/



【土地セミナー】12月1日(土)に、あなたに合った、
土地探しのポイントが1時間で分かるセミナーを開催。


何をすればいいのか分からない方には、
土地探しのコツや土地の価格、不動産屋さんとの付き合い方、
土地を購入するポイントが1時間で明確に分かるセミナーです。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_02



【家セミナー】12月2日(日)に震度7クラスの大地震が繰り返しきても、
倒壊しない新築住宅の基準を、伝えるセミナーを開催。


多くの住宅会社の見学会へ積極的に参加しても、その度にアピールする内容や言う事が違い、
情報がありすぎて何を基準にすべきか混乱しているのであれば、
家づくりで大切なポイントが身に付きます。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_01



【間取りセミナー】12月2日(日)に同時開催で、
今人気の新築の間取り!収納・動線・デザインが学べるセミナーを開催


知識がなく、どんな間取りが良いのか見当がつかず悩んでいても、
実際に建てられたお施主様の事例を見たり、
建築士からお施主様への提案内容も参考にしてもらえるので、
今後の間取りづくりの参考になります。


詳しくはこちら
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_03


色々なイベントに参加をして、自分にあった情報を探してみましょう。



注文住宅専門 岐阜市の三ツ星工務店
羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:00| イベント案内

2018年11月22日

満足する間取りの事例 【東玄関 延床面積:37.31坪 本体価格:1,538万円(消費税別)】

住宅会社の中には、「自由設計」と謳いながら、実際は「プラン集」とほとんど変わらない間取りを、自由設計と言って、提案する住宅会社は多くあります。

弊社では、お客様の要望に応じて、詳細な打ち合わせを行い、0からプランニングする完全オリジナルの間取りを設計します。

今回は、事前アンケートと、お客様とのヒアリングから、弊社でご提案した間取りの事例をご紹介いたします。



☆今回ご紹介する、満足する間取りの事例 【東玄関 延床面積:37.31坪 本体価格:1,538万円(消費税別)】

間取り図
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
30坪 東玄関.JPG


外観パース
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
30坪 外観.JPG


1:過去に掲載した、満足する間取りの事例をご確認されたい場合は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://hadablog.sblo.jp/category/4357358-1.html


2:その他に、住宅購入に必要な経費のすべてをまとめておきました。家づくり全体の予算を正しく把握できるようにご活用ください。
住宅購入に必要な経費の詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/faq34.html


3:羽田建設の家は、住宅性能評価6項目で最高等級の性能をクリア。
性能についての詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/seinou.html


4:弊社のプランづくりの具体的な流れは、下記アドレスからご確認下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/consult/


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 13:33|  ○30〜40坪 

2018年11月21日

満足する間取りの事例 【南玄関 延床面積:48.21坪 本体価格:2.028万円(消費税別)】

住宅会社の中には、「自由設計」と謳いながら、実際は「プラン集」とほとんど変わらない間取りを、自由設計と言って、提案する住宅会社は多くあります。

弊社では、お客様の要望に応じて、詳細な打ち合わせを行い、0からプランニングする完全オリジナルの間取りを設計します。

今回は、事前アンケートと、お客様とのヒアリングから、弊社でご提案した間取りの事例をご紹介いたします。



☆今回ご紹介する、満足する間取りの事例 【南玄関 延床面積:48.21坪 本体価格:2.028万円(消費税別)】

間取り図
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
40坪 間取り.JPG


外観パース
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
40坪 外観.JPG


1:過去に掲載した、満足する間取りの事例をご確認されたい場合は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://hadablog.sblo.jp/category/4357358-1.html


2:その他に、住宅購入に必要な経費のすべてをまとめておきました。家づくり全体の予算を正しく把握できるようにご活用ください。
住宅購入に必要な経費の詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/faq34.html


3:羽田建設の家は、住宅性能評価6項目で最高等級の性能をクリア。
性能についての詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/seinou.html


4:弊社のプランづくりの具体的な流れは、下記アドレスからご確認下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/consult/


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:00|  ○45坪以上