2016年11月30日

K様邸(不破郡垂井町)で、欠陥住宅を防ぐ構造体検査が終りました。

欠陥住宅 構造体検査.jpg
K様邸(不破郡垂井町)で、欠陥住宅を防ぐ構造体検査が終りました。

構造体検査とは、住宅の主要構造部である柱・梁・筋交いの確認や、金具の付け忘れが無いかを隅々まで確認していきます。
構造体検査は、第三者の検査機関であるハウスジーメンさんの検査員さんが検査をします。

もちろん、事前に自社検査もしますが、第三者の検査機関で検査をしてもらうことで、ダブルチェックの機能を持たせ、お施主様にご安心をして頂けるように工事を進めます。


更に弊社の住宅は、認定「耐震等級3」という、国内最高ランクの耐震基準で家づくりをしており、検査の内容も、更に厳しくチェックされています。

認定「耐震等級3」の基準について詳しく知りたい方は下記アドレスをクリックして下さいね。
↓↓↓
http://hadablog.sblo.jp/article/103808661.html
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 23:07| K様邸(不破郡垂井町)

2016年11月29日

比べてビックリ! 最近、損した話

ワイングラス.jpg

先日、妻と一緒に食事に行った時です。

そのお店はとてもぼろく、物置と感じるくらいです。
 しかし、素材だけはとてもこだわっていて、人数限定、時間も限定とシェフのこだわりが存分に発揮されているお店です。

そこで、食事をしながらお酒も頂いたのですが、とてもお酒がまろやかで美味いのです。
私も妻も、日本酒はまったく飲まないのですが、何故かこの店のお酒はどんどん飲める。
 更に、私は赤ワインも渋くて舌もザラザラするので、ほとんど飲まないのですが、ここの赤ワインはとても飲みやすいのです。

妻と「不思議だね」と話していた時に、シェフがその答えを教えてくれました。


シェフが、同じ赤ワインを2つのグラスに分けて出してくれました。
「飲み比べてみて」とシェフが言うので、妻と一緒に飲み比べてビックリ!
これが同じ赤ワインなのかと言う位、味が違うのです。


 1つ目のグラスは、とても飲みやすく美味しいのですが、2つ目のグラスは、渋くて舌がザラザラして、飲んだあとすぐに水を飲んでしまいました。
「え〜、同じ赤ワインなのに味が全然違う」と思わず声が...

 シェフの説明は、「グラスを変えるだけで味が変わるよ」と教えてくれたのですが、これは体験しないと実感できないかもしれません。


今まで、色々なお酒を飲んできましたが、知らないという事は本当に損をしているなと、つくづく実感しました。
また私だけでなく、知らなくて損をしているお酒好きの人が世界中にいるので、ついつい口コミしたくなりました。
 知らずに、世の中損していることも多いと思いますが、実は家づくりも、知っているか知らないかで、何十万円も損をしてしまう事があります。


例えば、家づくりで損をしない為の情報として、補助金があります。
補助金は、色々な種類がありますが、知らないだけで何十万円もあなた様が損をする事も往々にしてあります。
 補助金を活用するには、住宅の性能等で色々とハードルが高いので、住宅会社さんによっては補助金の説明すらしない会社もあります。
 そこで、あなた様が何十万円も損をしない為に、新しくスタートした補助金の記事をブログにアップしましたのでご参考にして下さい。

続きはコチラ
↓  ↓  ↓
http://hadablog.sblo.jp/article/177837698.html
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:00| 社長の日記

2016年11月28日

知らないと損!簡単に自己資金を増やす方法

family_syunyu.png
【自己資金を増やす方法とは!?】

自己資金と言っても、実は新築住宅の補助金の事で、知らないだけで何十万円もあなた様が損をしている事をご存知ですか?
補助金を活用するには、住宅の性能等で色々とハードルが高いので、住宅会社さんによっては補助金の説明すらしない会社もあります。

そこで、あなた様が何十万円も損をしない為に、新しくスタートした補助金について説明していきます。

平成28年度第2次補正予算が10月11日に成立し、「住宅ストック循環支援事業」として新しい補助金がスタートしました。


【「住宅ストック循環支援事業」とは】

新たにスタートした「住宅ストック循環支援事業」には、次の3つの制度が用意されています。

1 住宅のエコリフォーム
2 良質な既存住宅の購入
3 エコ住宅への建替え
住宅ストック循環支援事業 3つの制度.png
(画像をクリックすると、クリアに表示されます。)


このうち、3の「エコ住宅への建替え」について今回お話をします。

「エコ住宅への建替え」で補助金を活用する条件として、耐震性の無い古い住宅を解体して、性能の高いエコ住宅を建築することが条件になります。

古い住宅とは、建築確認が昭和56年5月31日以前、または表示登記が昭和58年3月31日以前となります。



【「エコ住宅への建替え」における補助金の額は】

補助金の額は、新築住宅の性能に応じて、30万円・40万円・50万円のいずれかになります。

羽田建設が建てる住宅は、長期優良住宅の為、自動的に40万円の補助金を貰うことができます。
住宅ストック循環支援事業 補助金額.png
(画像をクリックすると、クリアに表示されます。)


特にあなた様に注意してほしいポイントは、補助金の申請期限が、平成29年6月30日迄という事です。
住宅ストック循環支援事業の補助金申請を希望する場合は、早めに住宅会社さんにご相談する事をお勧めいたします。(但し、予算額に達した場合は前倒しで締め切られる場合がありますので、手続きはお早めに)
住宅ストック循環支援事業 スケジュール.png
(画像をクリックすると、クリアに表示されます。)


詳しくは、国土交通省の住宅ストック循環支援事業のホームページからも、映像で解説されています。
↓ ↓ ↓
https://stock-jutaku.jp/orientation/


追伸 その他にも、ZEH(ゼッチ)ゼロエネルギー住宅で新築すれば補助金が有ります。
詳しくは、下記アドレスからご参考にして下さい。
↓  ↓  ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/zeh.html
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:46| 10 知ると得する、お役立ち情

2016年11月26日

Y様邸(揖斐郡揖斐川町)の完成見学会を開催しました。

揖斐郡池田町 完成見学会.jpg
三ツ星工務店 羽田建設は、住宅建築の正しい情報を伝える活動の一環として、Y様邸(揖斐郡揖斐川町)の完成見学会を開催しました。

完成見学会は、建てられたお施主様のこだわり、部屋の大きさや動線など、図面では分かりにくいことがイメージできます。
また、弊社の設備などの標準品を見る事ができます。

今後も、お施主様のニーズ【夢】を形にした家づくりの情報をお伝えし、家づくりの参考になるように、完成見学会を続けていきます。

最後に、大事なご自宅を貸して頂けたY様に感謝を致します。
有難うございました。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:42| Y様邸(揖斐郡揖斐川町)

2016年11月21日

上棟祝い K様邸(不破郡垂井町)

上棟祝い.png
(会社から見れる、WEBカメラの映像です。)

雨で1日伸びましたが、K様邸(不破郡垂井町)が上棟しました。
K様との出会いは、お施主様のK様からのご紹介が始まりでした。

その後、設計主任の坂井と打ち合わせをさせていただき、この日を迎える事ができました。

今後の工事も、K様ご夫妻やご紹介をいただいたK様のご信頼を裏切らないように、社員・協力会社が一丸となって工事をしていきます。
K様とご家族の皆様、本日は上棟おめでとうございます。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 17:16| K様邸(不破郡垂井町)

2016年11月20日

「欠陥住宅を見抜くコツ」の勉強会が終了しました!

欠陥住宅 勉強会.jpg
「欠陥住宅を見抜くコツ」講師 羽田博人(一級建築士)


「欠陥住宅を見抜くコツ」の勉強会が終了しました!
今回、1組のお客様にご参加を頂き有難うございました。


セミナーに、ご参加いただいたお客様からは、

普段何気なく聞いていたフレーズ(例えば長期優良住宅)に大きなメリットが有ったことを知り、非常に良かった。これからも色々な相談に乗って頂きたいと思います。
羽島郡笠松町 O様


と嬉しいお言葉を頂きました。

この勉強会も、私が20年以上経験した内容を、1時間位にまとめてお話をしています。
勉強会の内容は、今までの経験で効果実証済みですので、参加者の皆様にお役に立てて頂ければと思います。

次回のセミナーはイベント12月4日(日)に「あなたのベストな住宅を選ぶ方法が一発でわかる」セミナーを開催します。

これから家造りを、検討をされている、超初心者向けの無料のセミナーです。

このセミナーでは、
一級建築士の羽田博人が

1:いまいちよく分からない住宅の見積。
  だからこそ知って欲しい「見積」のうまい比較のしかた。

2:冬寒い家はイヤ!
 詳しい知識がなくても各社の「断熱」性能を比較するカンタンな方法。

3:万が一のとき、後悔しないために・・・。
 素人でもできる 耐震性能を比べる方法。


等、予定しています。

次回のセミナーは、住宅業界の「手の内」バラしてしまうようなセミナーです。

私は、家を建てられてから、不幸になってほしくない弊社で、家を建てられなくても、お会いした方には幸せな家造りをしてほしい。

そんな、私の正直な思いで、今回のセミナーを企画しました


セミナーの詳しいHPの案内は↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_01


ただし今回のセミナーは、予約制です。

ご参加を希望の方は12月1日(木)までにお申し込み下さい。↓
http://www.hadanoie.jp/cgi-bin/inquiry/index_02.html


***【詳細情報】***

日時 12月4日(日)
   午後14時00分〜15時00分位まで(受付13時45分〜)

場所 岐阜市岩地1丁目6番30号


参加人数 3世帯



講師 一級建築士 羽田博人


セミナーの詳しいHPの案内は↓
http://www.hadanoie.jp/study/index.html#o_link_01


もちろん参加費用は無料です!
小さなお子様連れでも、大歓迎!

【予約制】ですので、お申込は↓
http://www.hadanoie.jp/cgi-bin/inquiry/index_02.html


私の著書「工務店を選ぶ3つの基準」にはとても書けないような、本音の事もお話させて頂きます。


追伸
セミナーの「質」を確保するため、少人数で行います。
先着3世帯のご家族に限らせて頂きます。
定員になり次第、締め切らせて頂きますのでお早めにお申し込み下さい。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:26| イベント案内

2016年11月18日

Y様邸(揖斐郡揖斐川町)の完了検査を受けました。

完了検査.jpg

Y様邸(揖斐郡揖斐川町)で、公的機関が行う完了検査が終わりました。

完了検査とは、建築確認申請した設計図面と完成した住宅が同じか、公的機関の検査員が来て最終確認をしていきます。

完了検査も終わり、改めて弊社で細かいチェックをしてから、お引き渡しをます。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:14| Y様邸(揖斐郡揖斐川町)

2016年11月16日

木造住宅の耐震性が心配

木造住宅 耐震性.png

阪神淡路大震災では、多くの木造住宅の倒壊している様子を、TVで繰り返し放送されました。
その為、木造住宅は地震に弱いという間違った印象を、多くの消費者に与え誤解をされてきました。

実は、阪神淡路大震災で倒壊したこれらの建物は、建築基準法の新耐震基準が適用される前に建てられた古い住宅だったのです。


【2000年に建築基準法を改正】
阪神淡路大震災の経験から2000年に建築基準法が改正され、新しい新耐震基準により、木造住宅の耐震性は更に向上しました。

しかし、2016年4月14日に熊本県熊本地方で発生した大地震の被害状況を調べると、2000年以降の新耐震基準で建てられた住宅も大きな被害を受けていました。


【今後の耐震性の基準は】
今後の木造住宅の耐震性の基準は、長期優良住宅などの公的制度を使い、耐震性の最高基準である耐震等級3を獲得した家づくりが重要になります。

公的制度を使った耐震等級3の住宅が建てられる住宅会社は限られていますので、事前に営業マンによく確認をして下さいね。

追伸
私の相談事例で、お客様が最初から耐震等級3の住宅にしたい事を、営業マンに伝えていたにも関わらず、契約直前に改めて確認したら、営業マンから「耐震等級3の住宅は、対応できませんでした」と言われて、「そこの住宅会社と契約をするのをやめました」と言うお話をお聴きした事もあり、その点も踏まえてよくご注意して下さい。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:23| 10 知ると得する、お役立ち情

2016年11月13日

防災訓練での驚き!

防災訓練.jpg
年1回開催する地区の防災訓練に、久しぶりに参加。

参加をしながら、何気なく周りを見ていたら、参加者の多くが、ご年配の方ばかり。
こんなイベントでも参加をすると、久しぶりの出会いもあります。

若い人にも防災訓練の魅力が伝わるイベントにしていかないといけませんね。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 19:24| 社長の日記

2016年11月11日

狭小地の新築住宅は、耐震性が低いの!?

狭小地 間取り.jpg

地震では、間口(家の幅)の狭い住宅ほど、揺れる力が大きくなります。

特に狭小地と呼ばれる、間口の狭い土地に建てる住宅は、奥行きが長く間口が狭くなります。
その為、普通に建てると耐震性が無く、地震に弱い住宅になることが多々あります。

その為、狭小地で建てる住宅は、間口の広い住宅以上に、耐震性に氣を配る必要があるのです。
つまり、狭小地で新築する場合、ちゃんと構造計算をして耐震等級3の住宅を建ててくれる住宅会社を選ぶことが、あなたにとって大切になります。

追伸
構造計算をしていないあなたの住宅は、大丈夫ですか?
狭小地とは、国税庁の路線価評価によると、普通住宅地区で間口が8m以下の土地を言います。

国税庁 参考HP
↓ ↓ ↓
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/sisan/hyoka/02/07.htm
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 08:00| 10 知ると得する、お役立ち情

2016年11月10日

2017年4月入社予定、橋本さんの内定者研修をしました。

内定者研修.JPG

昨日、来年入社予定の橋本さんの内定者研修を行いました。

今回の内定者研修は、現場見学です。
施工担当の高木と児山で案内をしましたが、橋本さんも緊張していると思うので、先輩として積極的にコミュニケーションをとってくれたと思います。

私も、橋本さんの入社を楽しみにしていますよ。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 19:20| 社長の日記

2016年11月08日

自分の限界を決めてしまう大人になるのは、親の影響!?

【自分の限界を決めてしまう大人になるのは、親の影響!?】

マザーズリンクアカデミー夢.png

今月のMLAメルマガ「親子のコミュ二ケーションT−11」では、
「夢を持てない子供」をテーマに配信しています。

財団法人 日本青少年研究所の調査によると、

「夢をもってもどうせうまくいかない」

と限界を決めている青少年が65%近くいるそうです。

親が、子供に「夢を叶えてほしい」と願っても、
子供が自分の限界を決めてしまう大人になるのは、何故なんでしょう?

実は、子供に対する親の接し方が影響しているかもしれません。

例えば、子供が将来の夢を語ったとき、

「そんなの無理じゃないの....」
「そんな夢みたいな話....」

と、親自身が氣がついていないだけで、
やんわり否定的なことを言ったりしていませんか?

今回のMLAメルマガでは、「子供が夢を持ち自主的になる」その答えとして、
学長 窪田 貞三先生(そったく先生)から、
子供の夢を叶える育て方「ビジョン教育」について、3つお伝えしています。

@子供の好奇心を活かした○○。

A子供の「○○」を入れる。

B親自身が○○を捨てる。


親が子供へ、どのように接すると良いのか。

今回のMLAメルマガを読むことで、子供への接し方を考える、
キッカケになるかもしれません。


MLAメルマガの購読はもちろん無料です。
必要に応じて、いつでも簡単に購読は解除ができます。

無料MLAメルマガの登録はこちらから。
↓ ↓ ↓
https://r-mla.jp/reg/


過去に配信されたMLAメルマガは、メルマガ会員に登録をすれば、
すべて読むことができます。

マザーズリンクアカデミー事務局
理事 羽田 博人
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 12:00| 14 マザーズリンクアカデミー(子育て支援活動)

2016年11月07日

外壁塗り替え工事の、足場組をしました。

外壁リフォーム 塗り替え.jpg

今日から始まった、Y様邸の外壁塗り替え工事。

Y様のご自宅は、約25年前に新築をさせて頂き、父親と私とで親子2代のお付き合いをさせてもらっています。

今日も、Y様とお話をしていて、「毎月の情報誌で、息子さん1位だったね。」とか「アッシュくん元気」とか、楽しくお話をさせてもらいました。

また、「飛び込みで外壁の塗り替えの営業マンがよく来るけど、値段は安いけど近所でも良い話を聴かないし、信頼している工務店さんがいるからと言って、断っているのよ」と嬉しいお話も頂けました。

私達の仕事は、信頼が第一です。

今後も、私も含めて社員、協力会社すべてが、お客様の信頼に応えれるようしていきます。

posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 15:15| 13 リフォーム

2016年11月05日

「派手さはないけど、親身になってくれる会社ですね」

各務原市お施主様 引渡し.JPG
今日は、木・岩田と一緒にI様邸(各務原市)に訪問をしました。

弊社では、お引渡し後1ヶ月くらい後に、住みごこちや不具合がないか、施工と設計の担当者が訪問しています。

今回、私も一緒に訪問をさせて頂き、ご夫婦の話がとても良く、I様には長時間お付き合いをして頂きました。

ご夫婦のお話をお聴きして、とても嬉しかったのが、設計担当をした岩田の事を褒めて頂けた事です。
I様から、「入社1年目で大変だったと思うけど、最初に比べて最後の引渡しの時にはとてもしっかりして、岩田さんとても成長したね」と褒めて頂けました。

打ち合わせ中、ご迷惑をお掛けしたこともあると思うのですが、I様には本当によくして頂いたと思います。
岩田も、とても喜んでいました。

また、うちの会社のことも「派手さはないけど、親身になってくれる会社ですね」とおっしゃって頂き、大変嬉しく思います。

また、「相手が信頼できるかが大切だと思います。カタログのスペックや金額だけで会社選びはできない」とも教えて頂けました。

今回、I様のご家族の皆様には大変ご無理を言いましたが、非常に有意義なお時間を頂き有難うございました。

追伸
奥様のいれていただいた紅茶、美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。

posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 19:10| I様邸(各務原市)

2016年11月02日

ハウスジーメンの検査員による現場検査で、欠陥住宅をなくそう!!

PB020080.jpg
K様邸(岐阜市琴塚)で、ハウスジーメンによる現場の基礎配筋検査が終わりました。

安心できる家づくりの条件の1つとして、検査専門の会社で現場を検査してもらう事が挙げられます。
第三者の検査機関が現場検査をする事で、中立的な立場で現場を見てもられるので、お施主様も非常に安心感があります。

弊社でも、第三者の検査機関による検査を、全棟受けて工事をしていますので、お施主様に安心をしてもらえています。
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:48| K様邸(岐阜市琴塚)