2017年01月29日

初めてでも満足する「間取り」の家が建てられるセミナーが終了しました。

間取り プラン.jpg
講師 坂井郁音(二級福祉住環境コーディネーター)


初めてでも満足する「間取り」の家が建てられるセミナーが終了しました。
今回、2組のお客様にご参加を頂き、有難うございました。


ご参加を頂いたお客様からは、
「具体的な事例を見せていただいて、参考になりました」 T・O様

「和室を純和風にしたくなかったので、1列だけフローリングにするとか、琉球畳にするなどの具体例がよかった」T様

と嬉しいお声を頂きました。


今回、参加された皆様も、たくさんメモを書いており、大変熱心に聞いていただけました。
会場の規模とか参加人数ではなく、本当に熱意のある勉強熱心な方に出会うことができ、ひとりでも多くの人達にアドバイスができる事に感謝ですね。


『次回の初めてでも満足する「間取り」の家が建てられるセミナーのご案内』
時間:15時〜16時ごろまで


開催場所:モデルハウス内
       岐阜市岩地1-6-30(駐車場有 無料)
       ↓ ↓ ↓
地図:http://p.tl/fkBC


講師:羽田 博人(一級建築士)
    坂井郁音(福祉住環境コーディネーター2級)

参加費無料。ご予約制・先着3組様まで。


小さなお子様もごいっしょにどうぞ!セミナー中にお子様が遊べるおもちゃや絵本をご用意しております。



今回のセミナーでお伝えするのは、
あなたにとって最高の「間取り」の家を建てるためのメソッド(方法)です。



注文住宅で、満足する「間取り」の家を建てるには、
建築の依頼先も重要ですが、

新しい家で、家族がどんな暮らしがしたいのか?

こんな場所で、こんな時間を過ごしたい!

家族がそこで暮らす、「未来予想図」が
非常に重要なポイントになってきます。



そんな「未来予想図」を基にして、住宅の設計者は、
具体的なプランを作成して、建て主さんに提案するのです。


だから「未来予想図」があまりにも漠然としてしまっていると
たとえどんなに優秀な設計者でも、
あなたにとってピッタリの最高のプランを
提案することはできないのです。




「未来予想図」は、いわば家の設計の羅針盤です。

「未来予想図」が明確であればあるほど、
設計者に正しく希望、要望を伝えることができて、
あなたにピッタリの家を手に入れる可能性が高まります。


ところが、
「新しい家で、どんな暮らしがしたいの?」
とただ質問されるだけでは、
なかなか「未来予想図」は見えてこないものです。



そこで、今回のセミナーでは、

眠っていたあなたの夢や希望までもあぶり出して、
明確な「未来予想図」を作っていくための
『魔法のシート』をご紹介させていただきます。


この『魔法のシート』は、門外不出の弊社オリジナルのものなのですが
今回は特別にあなたに無料で差し上げます。



そして、今回のセミナーでは特別に、
「未来予想図」を使って、弊社のお施主さまが建てられた
「建築事例」も実際に設計を担当したスタッフから
いくつか解説つきで、ケーススタディーとして見て頂きます。

これで、「未来予想図」から、実際の「間取り」に落とし込む方法を
より明確にイメージしていただけるようにしました。



このセミナーに参加すれば

新しい家で、家族がどんな暮らしがしたいのか?
こんな場所で、こんな時間を過ごしたい!

そんなイメージがぐんぐん明確になって
あなたのご家族の「未来予想図」が見えてきます。

そして、あなたらしい、最高の家を建てることができるでしょう。



【セミナー概要】
日時:4月23日(日)  15時〜16時ごろまで
※終了時間は多少前後する場合がございます。

開催場所:モデルハウス内
       岐阜市岩地1-6-30(駐車場有 無料)
       ↓ ↓ ↓
地図:http://p.tl/fkBC


参加費:無料

定員:先着3組(ご予約のお申し込みが必要です)

追伸
セミナーの「質」を確保するため、少人数で行います。
先着3組のご家族に限らせて頂きます。
定員になり次第、締め切らせて頂きますのでお早めにお申し込み下さい。



お問い合わせ・お申し込みはこちら
↓↓↓
http://www.hadanoie.jp/cgi-bin/inquiry/index_02.html
posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:48| イベント案内

2017年01月27日

満足する間取りの実例 第86弾 こだわる人の家は、ここが違う。

建築事例.jpg
伊藤様邸(各務原市)の最新建築事例がWEBにUPされました。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/gallery/case56.html


『光と風が踊り、お庭が見渡せる素敵なダイニング。
イギリスでの生活スタイルを帰国後も!』



アイボリーの外壁に、三色の瓦でヨーロピアンスタイルのオシャレな外観。

LDKの入り口の『アーチ』。

L型のLDKで、ダイニングスペースは出窓と掃出し窓の2つ。

奥様の希望通りの光と風が踊り、お庭が見渡せる素敵なダイニングになりました。

ダイニングとキッチン、パントリーを一直線に配置。玄関からパントリーへ 直行できるなど、動線、回遊性にも行き届いた配慮があります。


伊藤様邸は、見所満載の写真を多数掲載していますので、
今後の家づくりの参考の参考にして下さいね。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/gallery/case56.html


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:32| 2 お施主様からの評判・満足する間取りは

2017年01月21日

祝! 地鎮祭 K様邸(各務原市)

地鎮祭.jpg

天気も良く、無事、地鎮祭を執り行うことができました。

K様とは土地のアドバイスからお付き合いをさせて頂き、間取りでもご主人様や奥様のこだわりが形にできたかと思います。

今後の本格的な工事では、ご家族の夢を形にさせて頂く為に、社員・協力会社一同、ご期待に添えるように頑張りますので、完成を楽しみにお待ちください。

本日は、おめでとうございました。


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 22:46| K様邸(各務原市)

2017年01月12日

人命軽視、建築基準法が改正されない!

観測史上初めて震度7の激しい揺れを2度も経験した熊本地震は、木造住宅に大きな被害をもたらしました。

地震の多い我が国では、大地震で木造住宅の被害が発生する度に、木造住宅の耐震基準が強化されています。
2017年現在の耐震基準は、1995年に発生した阪神・淡路大震災の被害を踏まえて2000年に建築基準法が改正され、2000年基準の新耐震基準で木造住宅が建てられています。


今回の熊本地震では、2000年基準の新耐震基準では想定していなかった、震度7の揺れが2回あった熊本地震の被害状況について具体的なデータが発表されました。
熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会調査報告書をもとに作成されたデータによると、下のグラフになります。



【木造住宅の被害状況】

木造住宅の被害状況.png


このデータによると、今回の熊本地震では、2000年6月以降に建てられた2000年基準の新耐震基準の木造住宅では、38.6%が何らかの被害を受けていることが分かります。


 私は、今回の木造住宅の被害状況のデータを踏まえて、人命・財産を守る為、更に建築基準法の耐震基準が強化されるだろうと思っていました。



【人命軽視】

ところが、2016年10月5日に国土交通省が示した方針は、残念な内容でした。
その内容とは、

「2000年耐震基準については、有効性を確認。これを更に強化するのではなく、既存のストックを含めて、同基準が求める耐震性能の確保を目指す」

と言う内容です。


 つまり、2000年基準の新耐震基準の住宅で38.6%の被害があったにもかかわらず、耐震基準の強化を今後もしないという事です。


「今後も同じ耐震基準で、熊本地震と同じような大地震来た時に、木造住宅は大丈夫なの?」
「地震で家は大破し、住宅ローンだけ残るのは嫌だな。」
「家族の命は守れるのかな。」

と、今後の家づくりが心配になるのではないでしょうか。

私のような業界側の人間から見ると、更に耐震基準を強化すると、対応できない中小の工務店もでてくる為、建築会社を保護する為かと考えてしまいます。



【法律が改正されない、どうしたらいいの】

 今後も国の耐震基準が変わらない以上、熊本地震のような大地震が発生しても、自分や家族を守ってくれる耐震基準の家にする必要があります。
 そこで、2000年基準の新耐震基準よりも耐震基準を上げる方法として、長期優良住宅制度と言う制度を使って家づくりをする方法があります。

長期優良住宅制度の耐震基準は、2000年基準の新耐震基準を耐震等級1とすると、その耐震基準より上の耐震等級2、耐震等級3と3つのランクに別れています。

今後のあなた様の安心の家づくりは、一番地震に強い耐震等級3の家で建てることではないでしょうか。
実際に、熊本地震の被害状況でも、耐震等級3の家は無被害14棟、軽微・小破が2棟と耐震等級3の有効性が裏付けされています。


 国は、耐震等級3という耐震基準があるのに、何故その耐震基準を義務化しないのか私は疑問に感じています。
 これから家づくりをされる方には、長期優良住宅制度を使い、耐震等級3の住宅で夢を実現していただきたいと思います。


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:46| 8 知ると得する、お役立ち情報

2017年01月09日

息子から親へ

息子 ふれあい.jpg

家族で、イオンモール常滑に行きました。
息子がスケートをしたいと言うので、私もスケートをする事に。

私が最後にスケートをしたのは、30年位前(^^;
恐る恐るのスタート

息子はすでに何回かスケートをしていたので、スムーズに滑っています。

私がモタモタしていたので、なんと息子がスケートを教えてくれるのです。
まさか、息子から教えらるとは想像もしていなかったので、親としてとても嬉しかったですね。

親子の触れ合いから、息子の成長を実感した1日になりました。

追伸
大きく転倒した時に、お店の人がとても心配してくれて少し恥ずかしかったですが、1時間後にはかなり滑れるようになりましたよ。(^^v









posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 21:51| 社長 羽田博人の日記

2017年01月08日

満足する間取りの事例 【北玄関 延床面積:44,58坪 本体価格:1,866万円(消費税別)】

住宅会社の中には、「自由設計」と謳いながら、実際は「プラン集」とほとんど変わらない間取りを、自由設計と言って、提案する住宅会社は多くあります。

弊社では、お客様の要望に応じて、詳細な打ち合わせを行い、0からプランニングする完全オリジナルの間取りを設計します。

今回は、事前アンケートと、お客様とのヒアリングから、弊社でご提案した間取りの事例をご紹介いたします。



☆今回ご紹介する、満足する間取りの事例 【北玄関 延床面積:44.58坪 本体価格:1,866万円(消費税別)】

間取り図
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
間取り 長期優良住宅 平面図.BMP

外観パース
↓ ↓ ↓(画像をクリックすると拡大します。)
間取り モダン 外観.BMP



1:過去に掲載した、満足する間取りの事例をご確認されたい場合は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://hadablog.sblo.jp/category/4357358-1.html


2:その他に、住宅購入に必要な経費のすべてをまとめておきました。家づくり全体の予算を正しく把握できるようにご活用ください。
住宅購入に必要な経費の詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/faq34.html


3:羽田建設の家は、住宅性能評価6項目で最高等級の性能をクリア。
性能についての詳しい説明は、下記アドレスをクリックして下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/faq/seinou.html


4:弊社のプランづくりの具体的な流れは、下記アドレスからご確認下さい。
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp/consult/
posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 15:22| ○40〜45坪

2017年01月05日

明けましておめでとうございます。

関市 造成工事.jpg
明けましておめでとうございます。


今日から、仕事初めです。

早速、関市でE様邸の造成工事が始まり、設計担当の坂井と一緒に、現場で打ち合わせをしました。
新年から暖かい日が続いておりますが、体調管理には氣つけていきたいと思います。

どうぞ本年もよろしくお願いします。
posted by 三ツ星工務店 羽田建設(株) at 18:38| E様邸(関市)