2016年12月21日

雨漏りする欠陥住宅を造らない!

雨漏り 原因 欠陥住宅.jpg
ハウスジーメンの検査員が透湿防水シートを検査中です。


新築後、5〜6年で雨漏りする住宅が多い事をご存知ですか?
雨漏りする住宅の多くは、欠陥住宅です。

しかし、お客様は家づくりに関しては素人ですので、どこが欠陥なのか見当がつきません。

そこで重要なのは、雨漏りする欠陥住宅を無くす為に、住宅の防水検査を第三者の検査機関にしてもらう事が重要になります。

実は、第三者の検査機関による防水検査は、法律では義務化されていません。

しかし、弊社を信頼しご契約を頂いたお客様に、より安心をしてもらえるように、第三者の検査機関による防水検査を全棟で取り入れています。
工事後は見えなくなる部分なので、お客様に安心して頂けるように考えて対応させて頂いております。



透湿防水シートの役割は、下記ブログでもご参考にして下さい。
↓ ↓ ↓
http://hadablog.sblo.jp/article/104618532.html


ハウスジーメンの追加防水検査の取り扱いについての案内です。
↓ ↓ ↓
https://www.house-gmen.com/pdf/20140331.pdf


羽田建設株式会社 ホームページ
↓ ↓ ↓
http://www.hadanoie.jp
posted by ☆☆☆三ツ星工務店 羽田建設(株) at 16:31| K様邸(岐阜市琴塚)